ピープルズチョイス賞

江戸の庭

コンセプト

400年前の江戸時代では、将軍から庶民まで分け隔てなく園芸の習慣が広がっていたことに強く影響を受け、もう一度、江戸時代の庭園文化の素晴らしさを再現したく、デザインしました。
この庭は、見る角度によって様々な表情を持っています。
庭を通って母屋に入り、そこから庭を眺めた時に、庭の空気と自分の心が一つになることを体感できます。
また植物には紅葉やアオキなどを選びました。その植物は華やかなものではないですが、その控えめな美しさは、日本のわびさびの精神を表し一年を通して楽しむことができます。それらが織り成す景色には何百年もの時経ても変わらない郷愁の自然があります。
江戸時代に日本が花の文化を万人に開いたのと同じように私はこの会場を訪れた皆さんにこの庭を贈りたいと思います。

日本

Kazuyuki Ishihara石原 和幸

参加項目

ホームガーデン部門

紹介文

「庭園デザイナー。22 歳で生け花の本流『池坊』に入門。以来、花と緑に魅了され路上販売から店舗、そして庭造りをスタート。その後、苔を使った庭で独自の世界観が国際ガーデニングショーの最高峰である「英国チェルシーフラワーショー」で高く評価され、2006 年から異部門で史上初の3年連続金メダルを受賞した。そして2012 年、2013 年、2014年はア-ティザンガーデン部門で金メダル、さらに部門内1位に贈られるベストガーデン賞と併せて3年連続W 受賞を果たし、計6つの金メダル獲得した。また日本の玄関口でもある羽田空港(第一ターミナルビル内)に受賞作品「花の楽園」を再現、東北をはじめとする日本の風景の美しさをアピールし続けている。全国で庭と壁面緑化事業を展開し環境保護に貢献すべく活躍中。

英国チェルシーフラワーショーで通算7つの金賞を獲得。
アーティザン部門では 4年連続 (2012 ~2015年)の金賞受賞を成し遂げた。

施工会社

協賛・協力

青木工務店
みどり建設
土肥家具


主催
ガーデニングワールドカップ協議会(佐世保市、ハウステンボス㈱、一般社団法人日本花き卸売市場協会、日本フローラルマーケティング協会、公益社団法人日本エクステリア建設業協会)
共催
長崎県 佐世保市
後援
農林水産省、観光庁、公益財団法人佐世保観光コンベンション協会、西日本リビング新聞社、一般社団法人日本自動車連盟九州本部、一般社団法人英国王立園芸協会 日本支部、日本フローラルマーケティング協会、一般社団法人日本花き卸売市場協会、一般社団法人日本造園建設業協会、一般社団法人長崎県造園建設業協会、一般社団法人日本ハンギングバスケット協会、公益社団法人日本フラワーデザイナー協会、一般社団法人日本造園組合連合会、一般社団法人九州観光推進機構

The History Gardening World cup

  • ガーデニングワールドカップ2013
  • ガーデニングワールドカップ2013
  • ガーデニングワールドカップ2012
  • ガーデニングワールドカップ2011
  • ガーデニングワールドカップ2010