アイデア賞

絵葉書に見るポーランドの庭Postcard from Polish Garden

コンセプト

ポーランドで最も人気のあるのは市民農園です。都会に住む人も田舎に住む人も、春の訪れを感じると一斉にこのような農園にやってきます。国内には約5000カ所近くの市民農園敷地があり、それぞれに約996,000の整備区画があります。総面積にすると44,000ヘクタールにも及びます。
それぞれの農園は持ち主の手の入れかたによって特徴があります。市民農園の手入れの仕方には多種多様あるものの、どの庭園も整然と整理されています。庭の構成要素である小屋、温室、フェンス、歩道はリサイクル材がよく使われます。各農園は小さなフェンスと可愛らしい小門で分かれています。
市民農園は活動的なレクレーションの場、および家族で消費する園芸作物栽培の手腕を発揮する場を提供します。最も多い収穫物は小さな果樹からりんご、梨、さくらんぼ、プラム、幹に独特な白塗りを施した木や低木からはスグリ、グースベリー、ブルーベリー、ラズベリーです。それぞれの区画には花畑が並んでいて、一般的にはレタス、ディル、ラディッシュ、チャイブ、ガーリック、キュウリ、イチゴ、エンドウ、豆類の栽培に用いられます。小さな温室ではトマトが栽培され、近くのコテージでは実用的で多彩な多年草が栽培されています。
市民農園は不可欠で極めて重要な緑地システムの一環であり、また自然環境保護の要素でもあります。都市部の環境状況を改善しますが、なにより人々に多くの楽しみを与えています。多くのポーランド人にとって市民農園栽培は情熱を注ぐものとなり、やめられないものとなっています。

ポーランド

Bartlomiej Gasparskiバートロミー ガスパルスキ

参加項目

ホームガーデン部門

紹介文

造園及び施工業を営む”Palmett Markowe Ogrody” 社代表。個人や商業施設、緑地帯の造園、開発を手掛ける。

学歴
ワルシャワ大学農学科景観設計学部卒。灌漑システム、屋上緑化システム、プラントプリザベーションなどのプロジェクトに従事。国内海外を問わず造園関係のショーガーデンに参加。

国際ガーデンショーへの参加歴
2012-RHSチェルシーフラワーショー、コンセプチュアルデザイン部門出展
2007-2014年-ポーランド最大のガーデンショー,”Green is Life” 国際ガーデンショー参加
2011 年-第3回ビルバオジャルダン国際ガーデンショー、コンセプチュアル・デザイン部門に参加

協賛・協力

駐日ポーランド共和国大使館

www.palmett.pl


主催
ガーデニングワールドカップ協議会(佐世保市、ハウステンボス㈱、一般社団法人日本花き卸売市場協会、日本フローラルマーケティング協会、公益社団法人日本エクステリア建設業協会)
共催
長崎県 佐世保市
後援
農林水産省、観光庁、公益財団法人佐世保観光コンベンション協会、西日本リビング新聞社、一般社団法人日本自動車連盟九州本部、一般社団法人英国王立園芸協会 日本支部、日本フローラルマーケティング協会、一般社団法人日本花き卸売市場協会、一般社団法人日本造園建設業協会、一般社団法人長崎県造園建設業協会、一般社団法人日本ハンギングバスケット協会、公益社団法人日本フラワーデザイナー協会、一般社団法人日本造園組合連合会、一般社団法人九州観光推進機構

The History Gardening World cup

  • ガーデニングワールドカップ2013
  • ガーデニングワールドカップ2013
  • ガーデニングワールドカップ2012
  • ガーデニングワールドカップ2011
  • ガーデニングワールドカップ2010