アラビア庭園の想いThoughts from an Arabian garden

コンセプト

アラビアン庭園は小さな楽園です。イスラム教徒にとって神聖な沈思、精神的滋養の場所となっています。この庭園は夏の暑く、乾いた日々の中で涼しく、心地よく過ごせるよう設計されています。木漏れ日に、ジャスミンの甘い香りが漂い、中央の噴水からは心落ち着く水の音が聞こえます。

伝統的なアラビアン庭園には、レモンやオレンジなど柑橘系果樹の木が一本植えられていて、その他にも木を植えることで、日陰を作り、美しい花、色とりどりの果実や常緑樹の緑色を一年中見せてくれます。

スウィートバジル、タイムなどの葉物は、香りを楽しんだり料理に使うために、庭の片隅や噴水の回りに置いたプランターや素焼鉢で育てます。

葡萄の木はパーゴラの上に枝をつたわせ、実をつけ、日陰も作るようにしています。葡萄の木の下の作り付けの腰掛が庭園の端となり、カラフルなクッションを置いています。リラックスして午後のお茶を楽しむ、夏の涼しい風を感じながら午睡をするスペースになっています。夜になると角に吊るしたカラフルなランタンに灯がともり、ロマンティックで静かな雰囲気が漂います。

床はテラコッタタイルのブラウンとグレイによるアースカラー濃淡模様です。

庭を造る場所が、一般的な屋外の開けたスペースや中庭のような囲まれたところでも、あるいは最近用いられているテラスや屋上庭園であっても、アラビアン庭園は日常の喧騒から離れた静かな空間を提供し、細部に渡りきめ細やかで利便性も高いのが特徴です。シンプルで大局的な要素とディテールにより、この庭園の建築コストおよび維持コストは低く抑えられています。

ヨルダン

Amal Zanounアマル ザノン

参加項目

ホームガーデン部門

紹介文

都市プランナー、公認建築家、造園家

景観デザイン、建築設計、プランニング、管理部門において多岐に渡る国際的シニアアーキテクトとして25年のキャリアを積む。地域計画、戦略的開発における専門的知識、並びに地域経済開発の運営・計画における豊富な経験、政府機関や市民団体代表との建築パートナーシップが必要となるプロジェクトなど、戦略的および実際的設計レベルの両方について慎重に扱うべき環境・文化・歴史的分野でのプロジェクトを含む経験を有する。これまでプロジェクトで携わった国は、
中東地域を中心に、ヨルダン、リビア、サウジアラビア、カタール、レバノン、ナイジェリア、アラブ首長国連邦,クウェートなど多方面にわたる。

所属
ヨルダンエンジニア協会
国際造園家連盟個人会員

主なプロジェクト
Mr. Khader宮殿 - ヨルダン(2012)
集合住宅の設計 - ヨルダン、クウェートほか (2011)
Ar-Regattaツーリストヴィレッジ、リビア (2006)
Al Mushrifガーデンハウジングプロジェクト - アラブ首長国連邦 (2006)
バンダー・ビン・アブドゥル・アジィーズ王子私邸 - サウジアラビア (2006) ほか

施工会社


有限会社石源

協賛・協力


丸幸石材
www.jdz.jo


主催
ガーデニングワールドカップ協議会(佐世保市、ハウステンボス㈱、一般社団法人日本花き卸売市場協会、日本フローラルマーケティング協会、公益社団法人日本エクステリア建設業協会)
共催
長崎県 佐世保市
後援
農林水産省、観光庁、公益財団法人佐世保観光コンベンション協会、西日本リビング新聞社、一般社団法人日本自動車連盟九州本部、一般社団法人英国王立園芸協会 日本支部、日本フローラルマーケティング協会、一般社団法人日本花き卸売市場協会、一般社団法人日本造園建設業協会、一般社団法人長崎県造園建設業協会、一般社団法人日本ハンギングバスケット協会、公益社団法人日本フラワーデザイナー協会、一般社団法人日本造園組合連合会、一般社団法人九州観光推進機構

The History Gardening World cup

  • ガーデニングワールドカップ2013
  • ガーデニングワールドカップ2013
  • ガーデニングワールドカップ2012
  • ガーデニングワールドカップ2011
  • ガーデニングワールドカップ2010