銀賞

東洋と西洋の出会い~コントラストThe contrasts of east meets west

コンセプト

ここでは、煉瓦やオーク材といったデンマークで一般的に使用される資材は避け、スカンジナビア風の森林の雰囲気をだす為、あえて竹を使用しています。シンプルという概念では、様々な点で日本とデンマークのデザインは共通しています。この森林では、構造物やライン、質感及び色彩等を生きた植物と組み合わせることで、二つの国を対比させています。

デンマーク

Berit Skjottgaard Laursenベリット・スコットガード・ラーセン

参加項目

空間デザイン

受賞歴
  • インタナショナルマスターチャンピオンシップ金賞(2013)
  • デンマークチャンピオンシップ金賞 (2012)
  • 2016年イタリア開催のユーロカップではデンマーク代表として出場予定
紹介文

フラワーショップFlower and Design代表。フラワーアレンジメント、 ウェディング装飾、 イベント装飾、 ワークショップ、 デザインスクールの運営、 デモンストレーション、 フラワーショーへの出展など、デンマークを中心に幅広く活躍。
高校卒業後、 建築士を目指し勉学に励むが、 アルバイトとして勤めた規模の大きな花屋で草花の美しさに触れ、また花屋のオーナーにその才能の片鱗を見出され、フローリストとして修行するように誘われた。生来、創造的な家族のもと、森、海、草原に囲まれた美しい自然環境で育ち、草花を愛で、自然からインスピレーションを得る経験をしていたことから、直感的に自身のフローリストのキャリアへの可能性を感じ、進路変更を躊躇することなく決意したという。
そのデザインスタイルは、自然的で、全体の調和を重んじ、歓び、尊厳、シンプルかつ生き生きとしている。 家から一歩出た先に見えるあらゆる自然が彼女の作品に生きる素材となる。
ベリットは、日々、自然と向き合い対峙するたびに、自然への謙虚さを感じるという。その中で、草花の放つ美しさを最大限引き出し、 より長い時間美しさを保てるように心掛けている。フローラルデザインは、二つと同じ植物に出会うことは無く、美しさへの欲求も尽きることは無く、常に挑戦的で、毎日を豊かにしてくれる。そこが彼女のフローリストとしての歓びであり、原点である。

協賛・協力

www.floweranddesign.dk


主催
ガーデニングワールドカップ協議会(佐世保市、ハウステンボス㈱、一般社団法人日本花き卸売市場協会、日本フローラルマーケティング協会、公益社団法人日本エクステリア建設業協会)
共催
長崎県 佐世保市
後援
農林水産省、観光庁、公益財団法人佐世保観光コンベンション協会、西日本リビング新聞社、一般社団法人日本自動車連盟九州本部、一般社団法人英国王立園芸協会 日本支部、日本フローラルマーケティング協会、一般社団法人日本花き卸売市場協会、一般社団法人日本造園建設業協会、一般社団法人長崎県造園建設業協会、一般社団法人日本ハンギングバスケット協会、公益社団法人日本フラワーデザイナー協会、一般社団法人日本造園組合連合会、一般社団法人九州観光推進機構

The History Gardening World cup

  • ガーデニングワールドカップ2013
  • ガーデニングワールドカップ2013
  • ガーデニングワールドカップ2012
  • ガーデニングワールドカップ2011
  • ガーデニングワールドカップ2010